胡蝶蘭と風水

贈り物としてもよく利用される、ラン科の植物の一つであるのが「胡蝶蘭」です。
主に東南アジアに分布しており、日本国内でも多く販売されているのを見かけます。
敬老の日の贈り物として定番の一品となっており、その目的で利用したことがある人も多いのではないでしょうか。


コチョウランは東南アジアの原産ではありますが、洋蘭の一種として扱われています。
同じく洋蘭の一種として知られているのがファレノプシス・アマビリスという花で、どちらも人気の高い花となっています。
コチョウランの学名はファレノプシス・アフロディテと言います。
このアフロディテといヴきはギリシャ神話に登場する愛と豊穣の女神で、その魅力を伝える名前となっています。


さて、この胡蝶蘭には贈り物としての価値だけではなく、もう一つ注目される特徴があります。
それが、風水に利用されることが多い、ということです。
風水というのは龍脈と呼ばれる地球に流れる力を利用することで運気を向上させる占いの一種です。
占いというと意味がないのではないか、と思われる人も多いかもしれませんが、風水は長い歴史の中で研究されてきた統計学としての側面を持っているものでもあります。
古くは中国で行われてきたものでした。


風水において、自然のものというのは大きな役割を持っています。
では、胡蝶蘭にはどのような意味があるのでしょうか?そして、どのように利用することでその効果をより高める事ができるのでしょうか?


■管理人特選サイト
贈り物とて胡蝶蘭を送る際に便利な専門の通販サイトです → 胡蝶蘭 通販

Copyright © 2014 胡蝶蘭の風水としての意味 All Rights Reserved.